けんしろうの美味しいものと旅行の徒然日記

ケンシロウは彼が可愛がっているイシガメの名前

獣たちの庭園 by ジェフリー・ディーヴァー

久々に面白かった本をブログにアップ

通りかかったブックオフで見つけました。
ジェフリー・ディーヴァーの本

リンカーン・ライムシリーズはちょっと読み飽きた感がある。。。
でも、よ~く裏表紙を読んだら、
「ディーヴァーが初めて挑んだ歴史サスペンス」って!

1936年のオリンピック開催に沸くベルリンが舞台の作品です。
面白かったし読み応えあるので、旅のお供に最適な本かも。



【送料無料】獣たちの庭園

【送料無料】獣たちの庭園
価格:950円(税込、送料別)








にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ


  1. 2011/08/31(水) 11:41:48|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラヴォ-・ツ-・ゼロ   by アンディ・マクナブ

読む本がなくなったので、ずーっと家の本棚にあるこの本を手にとってみました。

そしたら、むちゃくちゃ面白かった!!!

「世界最強の特殊部隊」の異名をもつ英国陸軍SASの兵士八人が、イラクに潜入して、任務は極秘にスカッド・ミサイル発射機を破壊すること。

実体験に基づいたノンフィクションなので、迫力あります!

面白いのが、著者はイギリス軍兵士なんだけど、待機してる空軍基地で
米軍とレーションの交換をしたりしてるの。

ブラヴォ-・ツ-・ゼロ

ブラヴォ-・ツ-・ゼロ
著者:アンディ・マクナブ
価格:945円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 二人暮らしへ



  1. 2011/08/31(水) 11:41:36|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『知られざる傑作』 バルザック




バルザックの『人間喜劇』ってシリーズから6編の短編小説がはいっている。
バルザックの翻訳されてる小説が少なくて残念。。。



  1. 2009/09/04(金) 11:27:59|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『偶然の音楽』 ポール・オースター





ありえない理不尽な事が続く小説。
最後が衝撃的で残念だった。。。
映画化されていて、映画ではこの続きがラストシーンにあるみたい。

(かなり低予映画みたい→なんでオースターの作品が低予算映画かなのかは疑問)
  1. 2009/09/04(金) 11:27:41|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『最後の将軍』 司馬 遼太郎

ずーっと本棚にあったけれど、読んでなかった本。

最後の将軍、徳川慶喜のお話し。



幕末っていうと、新撰組の小説ばかり読んでるから
幕府側の歴史は新鮮だった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
  1. 2009/09/04(金) 11:15:12|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ